Python(パイソン)が投資向きのプログラミング言語である理由

3月 30, 2021

プログラミングを用いて,投資の分析したいひとも多いのではないでしょうか.

私も所有する株式の割合を決めたり,株価を予測するのにプログラミングをしています.

投資のプログラミングにおすすめな言語は,ズバリ「Python」です.

今回は,なぜPythonが投資プログラミングに向いているのかを解説します

投資分析に便利なライブラリ(ツール)が豊富

Pythonが投資分析に向いている理由は,簡単に分析できるツールが揃っているからです.

例えば,Pythonを使えば比較的簡単に以下のようなことができます.

Pythonが得意なタスク

・簡単に株価データを取得できる

・移動平均線など,株価分析に必要なテクニカル指標が簡単に計算できる

・株価予測などの機械学習系の計算ができる

投資に関して分析するには株価などのデータを取得することが必須ですが,Pythonを用いればすごく簡単にデータを取得できます.

また,Pythonには分析のためのライブラリがそろっています.

ライブラリとは,コードを数行書くだけでその機能(計算)が使えてしまうというものです.例えば,投資のリスクの計算に必要な「分散行列」をたった1行のコードで書けますし,「PERが低い銘柄を抽出する」といったことも10行以下のコードで書くことができます.

他の言語では長々と50行とかのコードを書かなければならないことが,Pythonライブラリを用いれば2~3行で済むこともあります.

基礎的な計算コードを一から書くのは大変なので,その工程を飛ばしてプログラミングしたい人には特におすすめですね.

他にも,機械学習で計算するライブラリも豊富なので数行のコードで機械学習ができますし,投資商品の自動売買ツールをPythonで作成している例もあります.

無料でインストールできる

便利なライブラリが揃っているプログラミング言語では有料のものもある中,Pythonの良いところは,なんといっても無料で使えるということです.

投資とは関係のないメリットですが,とにかく無料で使えるのは嬉しいですよね.

インターネットからPythonをインストールすれば,10分程度でプログラミングを開始することができます.

Windows PCをお使いの方は,以下の記事に沿ってPythonのインストールしてみてください.

インターネットに情報・コードが多い

Pythonが無料で使えるということは,使っている人が多いということです.

そして使っている人が多いということは,インターネット上に多くの情報があるということです.このブログも,その一つですね.

Pythonプログラミングを始めたての頃は特に,必ずと言っていいほどネット上の情報が必要になると思います.

教材を買っても良いですが,せっかくネットにたくさん無料教材が転がっているので,使わない手はありませんよね.

ネットに転がっているコードをコピペすれば,すぐに色々な計算ができたりするので効率よくプログラミングを進めることができます.

インストールも無料,教材も無料.それがPythonです.

投資以外にも実用範囲が広い言語がPython

もちろん,投資以外のプログラミングにもPythonは使用できます.

製品に組み込むコードのような,すごく凝ったプログラミングをするならば他の言語が必要になりますが,個人で計算や分析,ツールを作る程度ならPythonで十分です.

むしろ,ライブラリを使えばコードのミスが少なくて済むので,個人的なプログラミングならPythonの方が良いと思います.

ぜひ,Pythonでプログラミングをしてみてください.
以下は初心者向きの本です.ネットの情報だけで進めるのが難しいという人は購入すると良いかもしれません.

この本では,

Pythonとはどんなプログラミング言語か

Pythonのインストール方法(WindowsだけでなくMacでの方法もあり)

基本的なコードの書き方

実践的なコードの書き方

Pythonによる機械学習やディープラーニング(お試し)

を丁寧に解説しています.ネットの情報よりも本で学習する派の人は,ぜひ試してみて下さい.