iDecoではなく企業型確定拠出年金(企業型DC)を選んだ理由(比較)

会社の入社のタイミングで,iDeCoか企業型確定拠出年金(企業型DC)に加入することにしました.

しかし,私の状況では,どちらかにしかは加入できませんでした.そのため,どちらが良いのかを調べる必要があったので,この記事ではその内容を紹介します.

初めに断っておきますが,この記事はあくまで私の状況での話です.iDeCoや企業型DCの年金制度の状況は,人によって異なります.

とはいえ,この記事を読めば自分の年金制度状況を知る方法も分かりますし,比較の考え方もわかると思います.特に「どこに注目すればいいのか」を参考にして読んでくださいね.

比較の際に考えるべきポイント

iDeCoと企業型DC,どちらにするかを考えるために,以下の2つのポイントを考えます.

比較の際に考えるポイント

掛金の上限

商品の種類

この問題を考えるのに重要なポイントはこれくらいでしょう.どちらも「年金」制度なので,大きな枠組みとしては似たようなものです.

結論から先に

結論から先に申し上げますと,iDeCoと企業型DCの比較は以下のようになりました.

ただし,これは私の状況であることに注意してください.

iDeCo企業型DC
掛金の上限(月額)1.2万円1万円
商品の種類多い少ない
※私の場合です

iDeCoの掛金の上限は勤めている会社の確定拠出年金制度状況によりますし,企業型DCの掛金の上限や商品の種類は勤めている会社によってことなります.

したがって,「どちらがよいのか」は人によってことなり,一概には言えません.まずは,自分の会社の状況をしっかりと把握して考える必要があります.

ところで,上の表だけ見ると,私の状況では完全にiDeCoの方が良いですよね.

しかし,私は企業型DCを選択しました.

その理由は記事の後の方で述べるとして,まずは掛金の上限と商品の種類について述べようと思います.

掛金の上限について

iDeCoの掛金の上限は,こちらのサイトで調べることができます.

私の状況は

・60歳未満(25歳)
・会社員
・企業型DCに加入していない(当時)
・確定給付企業年金に加入している

なので,iDeCoの掛金の上限は,掛金上限1.2万円(月額)ということになります.

一方で,企業型確定拠出年金(企業型DC)の上限は,現時点では1万円と決められていました.

商品の種類

商品の種類は,iDeCoなら使用する証券会社によって異なります.ほしい商品があれば,その証券会社で口座を作ればいいので,基本的には『大体のものは買える』と思っていいでしょう.もちろん,iDeCoで買えるような投資信託や定期預金に限られますが.

一方,企業DCは購入できる商品は会社依存になります.私の会社の場合,ある銀行が扱っている商品しか購入できず,数えるくらいの選択肢しかありませんでしたし,約半分くらいは正直あまりよろしくない商品でした(信託報酬やリターン,リスクの面で).

企業型DCを選んだ理由

これまで述べてきた掛金の上限,商品の種類の観点で言えば,iDeCoの方が良さそうですが,

冒頭でも述べた通り,私はiDeCoではなく企業型DCを利用することにしました.

その理由を述べていきます.

掛金の上限2000円は自分にとっては小さな差である

iDeCoの月々の掛金上限は1.2万円,企業型DCは1万円で,その差は2000円です.つまり,年間の差は2万4千円です.

私はつみたてNISAや投資信託積立で月々約5万円,年間60万円投資しているので,正直投資信託は十分で,年間2.4万円の投資額の差は気にするほどではないです.

よって,掛金の上限に関してはあまり差がありません.

企業型DCの掛金の上限は増える可能性がある

これは勤め先の会社の規定によりますが,私の場合,昇進などで掛金の上限が増えます.

つまり,将来的な選択肢としては,企業型DCに軍配が上がります.

投資しすぎも良くないですが,昇進しているということは一般的には給料も増えているので,ポジティブに考えてもよいでしょう.

商品が少ないとはいえ,マシな商品もある

企業型DCの一番の懸念点は商品の種類の少なさですが,それなりに良い商品もあります(どんな商品が良いかは,個人の感性によりますが).

残念ながら私の一番のお目当てである投資信託はありませんでしたが,分散が効いていて信託報酬も低い,良い商品がありました.

つみたてNISAで一番のお目当ての投資信託に投資しているので,確定拠出年金ではつみたてNISAとのバランスを取るためにいい機会だな,くらいに思いました.

逆に,それ以外の商品は全く魅力的でなかったですね.そのため,その「それなりに良い商品」に1万円満額投資しています.

おわりに

iDeCoの関しては,以下の記事もご覧ください.

確かにiDeCoは始めていませんが,結局のところ確定拠出年金を始めることになりましたね….

ちょっとだけややこしいですが,iDeCoや企業型DCはお得な制度なので,ぜひ調べてみてください.

投資に関する免責事項
本記事は投資に関する考え方を提供するものであり,投資勧誘を目的とするものではありません.投資は自己責任でお願い致します.